こんにちは!プレスコット行政書士事務所です。先日、産業廃棄物収集運搬の手続きでお客様にお伺いした際、私が担当させていただく以前に申請され、古物営業許可(古物商)をご取得されたと聞いていたので、古物営業法改正による「主たる営業所等の届出書」の提出についてお話したところ、まだお手続きされていないとのことでしたので、先週、管轄警察署にて「主たる営業所の届出書」を提出させていただきました。
IMAG1482
(書式は各都道府県警察署のHP等からダウンロードしてください。)


 改正前においては営業所が所在する都道府県ごとに古物営業許可を受ける必要があります。しかし改正後は主たる営業所の所在地を管轄する公安委員会の許可を受ければ、その他の都道府県に営業所を設ける場合には届出で足りることとなります。(施行日は令和2年4月1日です。)
 そのこととあわせて、現在、古物営業許可を受けている方は、平成30年10月24日から令和2年3月31日までの間に、「主たる営業所等の届出書」を主たる営業所を管轄する警察署に届出なくてはならなくなりました。
 そして怖いのが、届けをしないと全面施行日以降、「無許可」になってしまい、再度許可を取得しなくてはなりません。お早めにお手続きください!
 
 また、役員、代表者の変更や追加が発生している場合(本来は変更が起こった際、その都度、変更の届出をしなくてはいけません。)あわせて役員等の変更届も必要となります。管轄警察署や行政書士にてご確認ください。